年収1000万の男性と結婚するための婚活戦略

対象:女性向け

更新日:/公開日:2019年06月02日

年収1000万の男性と結婚するための婚活戦略

婚活レコメンド編集部
この記事の監修者
婚活レコメンド編集部
婚活アドバイザー

婚活女性は相手を選ぶ時に身長や仕事など様々な面で判断しますが、特に婚活女子が1番判断基準とするのが「年収」かと思います。

やはり年収が低いと、経済的に苦しい思いをしなくてはいけません。

婚活女性は安定を求めるので、経済的豊かさを重要視するのは当然なのかもしれません。

そんな婚活女性が目標にするのは、「年収1,000万円の男性と結婚すること」です。

確かに年収1,000万円あれば、よほどのことがない限り経済的心配をする必要はありません。

しかし、婚活市場に年収1,000万円の男性はどのぐらいいるのでしょうか。

今回は年収1,000万円の男性がどのぐらいいるのか、そんな男性と結婚するための戦略を考えてみたいと思います。

有名大学出身者が中心の結婚相談所
「クラブオーツー」の口コミ・評判をみる

年収1,000万円の独身男性と出会う方法

ここでは年収1,000万円の男性と出会う方法について説明していきます。

婚活アプリで出会う

婚活アプリで出会う

ペアーズOmiaiなどの婚活アプリでは、検索条件に年収を選ぶ項目があります。

そこでは「年収1,000万円~」を選択して、年収1,000万円以上の男性にアプローチしていきましょう。

婚活アプリの場合はプロフィールとプロフィール画像がキモになるので、プロフィールは何度も添削してより良いものに仕上げてください。

プロフィール画像はプロのカメラマンに撮影してもらって、最高の1枚を載せるようにしましょう。

また、東カレデートやペーターズなどのパパ活アプリには、年収1,000万円を超えた男性が多く登録しています。

そのようなアプリを積極的に活用するのも、年収1,000万円の男性と出会う確率を上げることになります。

おすすめの婚活アプリをみる

婚活パーティーで出会う

婚活パーティーで出会う

婚活パーティーではハイステータスの男性と出会うことができるパーティーがあります。

例えば、PARTY☆PARTYの「ハイスペック男性」限定の婚活パーティーやPREMIUM STATUSのハイステータス限定プレミアムパーティーなどです。

こういったパーティーだと収入証明書を提出する必要があるため、年収をごまかすことができません。

参加するだけで、年収1,000万円の男性と知り合うことができます。

結婚相談所で出会う

結婚相談所で出会う

確実に年収1,000万円の男性と結婚したい人は結婚相談所を利用することをおすすめします。

結婚相談所を利用する男性は結婚に真剣な場合が多く、他の出会いのように遊んでいるような男性はいません。

さらに、収入証明書などを提出することが必須であるため、年収詐称などはすることができないようになっています。

年収1,000万円の男性がいる結婚相談所としては「MIRIAM」「エクセレンス青山」などがあげられます。

MIRIAMは医師や弁護士、東証一部上場のビジネスエリート限定で登録することができます。

学歴や教養レベルも非常に高いため、結婚相手としては最適ですし、両親などにも反対されるようなことはほとんどないでしょう。

入会3か月以内に10人中9人が交際できるほどの実績があるので、入会すればほぼ確実に高収入の男性と付き合うことができます。

エクセレンス青山は会員数が約65,000人います。その中で年収700万円いじょうの男性が約75%を占めているため、年収1,000万円以上の男性も数多く登録しています。

男性成婚率も86%以上と非常に高い実績があり、「結婚に真剣な高収入の男性」が登録していることがこのデータからもわかります。

残念ながら都内を中心となっていますが、都内に住んでいる婚活女性は利用すべき結婚相談所です。

結婚相談所の口コミ・評判をみる

年収1000万の男性は男性全体でどれぐらい?

20代の年収分布30代の年収分布
40代の年収分布50代の年収分布

参照元:平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)|doda

転職サイト「DODA」が発表した「平均年収ランキング【年齢別】」のデータによると、年収1,000万円以上稼いでいる人は20代で0.2%、30代で1.5%しかいないようです。

40代になれば5.0%、さらに50代だと15.4%となりますが、40代50代と結婚したい考える婚活女性は少ないでしょう。

この統計は未婚や既婚の区別をしていないので、未婚男性ともなればこの割合よりも減ってしまうのは間違いありません。

仮に割合の半分が未婚男性とすると、20代で0.1%程度、30代で0.7%程度となります。

つまり、20代未婚男性1,000人中1人、30代未婚男性700人中1人が年収1,000万円ということです。

年収1,000万円の男性と結婚することは非常に難易度が高いことだとわかってもらえたかと思います。

年収1,000万円の独身男性の特徴

ここからは年収1,000万円の独身男性の特徴を説明していきます。

アクティブ

年収1,000万円の男性はハードな仕事をしていることが多く、相当なストレスがかかるもの。

そのため、プライベートでは息抜きやストレス解消が欠かせません。

年収1,000万円もあると趣味でも多くのお金を使うことができるので、スポーツやアウトドア、車などを楽しんでいる人が多い傾向があります。

年収1,000万円の男性が行う趣味としては、ゴルフ・スノーボード・サーフィン・乗馬・ヨット・外車・旅行などがあげられます。

お金がかかる趣味すると、年収1,000万円の男性と出会う確率が上がるようですね。

向上心が高い

年収1,000万円の男性はスキルなどを磨くことが好きな人が多いです。

職場だけでスキルを磨くのではなく、仕事帰りや休日にビジネスセミナーに行ったり、英語や資格の勉強をしている人はたくさんいます。

その向上心の高さが年収1,000万円を稼ぎ出す要因になっているのかもしれません。

年収1,000万円の男性と出会いたい場合はそのようなセミナーに通ったり、資格などの勉強を通じで知り合うのもおすすめです。

そこで相手がいなくても、知り合った人から紹介があるかもしれません。

年収1,000万円の独身男性が好む女性のタイプ

ここでは年収1,000万円の男性が好む女性のタイプについて説明していきます。

仕事を応援してくれる

年収1,000万円の男性はハードワークをしており、会議や会食などのスケジュールが詰まっていることが多いです。

平日はもちろんのこと休日も時間がほとんどない場合もあります。

恋人ができても何か月も会えないことがありますし、ようやく決まったデートの約束が仕事のせいでドタキャンになることもあります。

そんな時でも怒らずに日程をズラしてくれる女性や仕事を応援してくれる女性は好まれます。

教養がある

年収1,000万円の男性は自己研鑽しているので、本や新聞などをよく読んでいます。政治や経済ニュースにも詳しく、ついデート中にそういう話題をしてしまうことがあるようです。

そんな時につまらない顔をせずに、興味を持って聞いてくれる女性は好意を持たれやすいです。

さらに、政治や経済の話題で男性と議論できる女性だと、多くの高収入の男性からアプローチを受けることもできます。

普段から本や新聞を読んでおき、教養を身につけておきましょう。

お金にうるさくない

年収1,000万円の男性は、稼いでいるのでその分を趣味や家などにお金を使うことが多いです。

そんな時に「これは高いのでは?」「こんなことにお金を使うの?」男性の機嫌が悪くなるような発言をしてしまうと、結婚相手として敬遠されてしまいます。

また、婚活になると必要以上に資産や年収などのお金の話を聞き出そうとしてしまう女性もいるようです。

お金の話は必要最低限にして、普段のお金の使い方や資産などには必要以上に干渉しないようにしましょう。

まとめ

年収1,000万円の男性の割合とそんな男性と結婚するための戦略についてお話してきました。

年収1,000万円の男性はほとんどおらず、婚活は非常に難しくなります。

最も確実なのは、ハイステータスの男性がいる結婚相談所に登録して相手を探すこと。

ぜひ結婚相談所に登録して、年収1000万の男性と結婚できるようにがんばってみてください。

おすすめの結婚相談所ランキング

婚活レコメンド編集部

本記事は婚活レコメンドを運営するつなぐマーケティング株式会社の編集部が企画・執筆を行っています。

share