希望の相手は年収600万円!?婚活のおける年収至上主義に物申す

お金は結婚生活に直接影響してしまうので、重要視するのは仕方ないのかもしれません。

しかしあまりに年収にこだわりすぎてしまい、
「年収600万円の男性がいない…。」
「僕は年収300万円しかないから、結婚できないんだ…。」

と悩んでいる婚活男性や婚活女性が多くなっています。

悩んでいる皆さん、まずはその年収至上主義を考え直してみませんか?

本記事では男性と女性のリアルな年収と男女別に年収至上主義に騙されない心構えをご紹介していきます。

男性のリアルな年収

婚活女性は「男性で年収600万円はないと!」と思っている人が多いかもしれませんが、実際の男性の年収はどうなのでしょうか?

2017年9月~2018年8月の1年間に、DODAエージェントサービスに登録した約36万人のデータを元にした正社員男性の平均年収を見ていきましょう。

年代 男性の平均年収
20代 367万円
30代 487万円
40代 583万円
50代以上 690万円

20~30代男性の平均年収は20代で367万円、30代で487万円でした。

平均年収は婚活女子が希望する年収600万には程遠い結果です

また年収600万円以上の人は20代で3.4%、30代で18.7%となっています。

20代では25人に1人、30代でも5人に1人程度です。

このデータは男女合わせていて、さらに既婚者も含まれています。婚活している未婚男性はもっと少ないでしょう。

つまり、年収600万円以上の男性を見つけようとなると、なかなか見つからずに結婚できないことになるかもしれません。

女性のリアルな年収

次は女性の平均年収も見ていくことにしましょう。先ほど用いたDODAエージェントのデータを元に、正社員女性の平均年収を見ていきます。

年代 女性の平均年収
20代 319万円
30代 382万円
40代 413万円
50代以上 442万円

20~30代女性の平均年収は20代で319万円、30代で382万円でした。

男性よりも平均年収は下がっているようですが、年収300万円以上の収入を確保していますね。

婚活男性が年収至上主義に騙されないために…

「低収入では結婚できない」、「年収が低いと女性とデートすらできない」と思い込んでる男性は多いかもしれませんが、そんなことはありません。

女性は年収だけを結婚するための要素にはしていないのです。

年収が低くても、結婚できないわけではない

マイナビウーマンにて調査された「女性が結婚相手に求める条件ベスト10」では第1位は性格が合うこと、第2位は思いやり、第3位は誠実さです。

収入(年収)は第4位となっています。

つまり女性は年収を結婚相手の絶対条件にしているわけではなく、相手との相性や価値観、性格などを重要視するようですね。

共働きしてくれる女性を探す

それでもやはり男性の年収が低いと、結婚生活が苦しくなってしまうでしょう。

結婚する際に自分の年収に不安が残る男性は、共働きしてくれる女性を探すのが手です。

現代は結婚、出産した後でも働きたい女性が大勢います。

産休や育休制度が充実している会社も多いので、結婚して妊娠しても仕事を辞める必要はありません。

子供が十分大きくなったら、仕事に復帰できて十分な収入を確保できるでしょう。

また仕事の需要が多い資格(看護師、保育士など)を持っている女性は退職してもすぐに資格を活かした社会復帰ができます。

そのような女性と結婚することを目指して、婚活してみてはいかがでしょう。

もちろん結婚しても、男性は積極的に育児や家事を手伝うのは条件ですよ!

婚活女性が年収至上主義に騙されないために…

お金と結婚

先ほどあげた男性の平均年収のデータで、年収600万円の男性と結婚するのは難しいと分かっていただけたのではないでしょうか。

あまり「年収600万円」という理想を追いかけ過ぎず、現実と向き合う必要があります。

あなたはお金と結婚するの?

そもそもあなたはなぜ結婚したいのですか?家庭を築きたいから…。好きな人と一緒にいたいから…。

ほとんどの人がそのような理由で結婚するはずです。

しかし、「働きたくないから」、「高収入の男性と結婚して贅沢したいから」という理由で結婚しようとする女性もいるようです。

そういった女性は結婚してもうまくいかないかもしれません。

高収入の男性は年収で寄ってくる女性を数多く見ているので、そういった女性をすぐにわかってしまうようです。

年収も大事ですが、それだけを重要視せずに相手との相性や価値観などもしっかりと考えて、素敵な男性と出会うことを目標に婚活してみませんか。

2人で働けば、年収600万円は達成できる!

年収600万円を1人で目指すと大変ですが、2人で目指すとそこまで高い目標ではありません。

男性が年収300万円だった場合、女性も年収300万円であれば世帯収入は年収600万円となります。

女性も働く必要がありますが、年収600万円の男性を探すよりも婚活の難易度は下がりますし、年収以外の要素で相手と結婚することができます。

その方がきっと幸せな結婚生活を送ることができるのではないでしょうか。

まとめ

結婚に関しての年収至上主義はあまり意味がないこと分かっていただけましたか。

男性の平均年収も下がっているので、年収600万円の男性を探すことは困難ですし、収入だけにこだわる結婚はお互いに不幸になることもあります。

収入だけにこだわらず、相手との相性などを考慮して婚活してみてくださいね。

素敵な相手と出会って、幸せな結婚生活を送れることを願っています。

年収1,000万の男性と結婚するための婚活戦略

活女性は相手を選ぶ時に身長や仕事など様々な面で判断しますが、特に婚活女子が1番判断基準とするのが「年収」かと思います…

次に読みたい記事