最初が肝心!婚活デート1回目での失敗談と次につなげる秘訣【女性向け】

更新日:/公開日:2019年03月17日

婚活デート1回目での失敗談と次につなげる秘訣

婚活レコメンド編集部
この記事の監修者
婚活レコメンド編集部
婚活アドバイザー

「1回目のデートはどんな服を着ていけばいいの…」
「緊張して会話が続かなかったらどうしよう…」
「2回目のデートにつなげるためにはどんなことに気を付けたらいいんだろう…」

婚活中に出会った人とはじめてデートとなったときは、色々なことが気になったり、心配になったりするかと思います。
1回目のデートとなれば緊張してしまうのもムリはありませんが、お互いにとって有意義な時間にしたいものですね。

今回は、1回目のデートでの注意点や成功のコツを解説していきます。
ファーストデートを良い時間にできるよう参考にしてくださいね。

経験者が語る!1回目のデート失敗談

まずは、実際にあった1回目のデートでの失敗談を紹介していきます。
初めてのデートでどんなことに失敗し、また気をつければいいのか参考にしてください。

溜息ついてる女性
(20代前半女性)

男性ウケを気にしすぎて服装選びで失敗

ひざ丈のスカートにデコルテがきれいに見えるニットで初デートに向かったのですが、季節は冬。
カフェでお茶を飲むことになったものの、テラス席しか空いていなくて寒さのあまり会話に集中できなかったです。
男性ウケも大事だけれど、寒さ対策も必須だと思いました…。

泣いてる女性
(30代前半女性)

家族の話や結婚観など深入りしすぎた

好みの男性だったので、ついつい家族構成や結婚後の将来イメージについて質問しすぎてしまいました。
楽しいデートというよりも、身辺調査のような状態だったと思います。
ガツガツしすぎたせいか、2回目のデートはありませんでした…。

困ってる女性
(20代後半女性)

賑やかすぎ!落ち着いて会話ができない

お互いにお酒が好きという共通点があったので、男性オススメの居酒屋で初デート。
お酒も料理もおいしかったのですが、お客さんが多くて「えっ?」「もう一度…」と聞き返さなければいいけないほど賑やかでした。
落ち着いて会話できる雰囲気ではなくイマイチでした…。

1回目のデートが大切な理由

婚活をする中で、デートに話が進むということは、お互いのパートナー選びの条件にある程度マッチしていて、実際に会って話したいという気持ちになっています。
つまり、1回目のデートは実際に会って話してみないとわからない部分を確認する時間ということになります。

だからこそ、1回目のデートはとても大切なのです。
イメージと違ったと思われることなく次につなげられるように、服装・言葉遣い・マナーで間違った選択をしないように気をつけましょう。

デートの場所やプランは男性が決めてくれるケースが多いですが、すべてをお任せにしてしまうのではなく、ある程度一緒に考えるスタンスを心がけましょう。

服装や会話の内容だけでなく、食事や座り方など細かい仕草やマナーに注目している男性も少なくありません。
そういったところから、これまでどういった環境でどう育ってきたのかが見えてきてしまうため、自分の育ってきた環境とのギャップにお断りされてしまうこともあります。

物凄く礼儀正しく、食事マナーや言葉遣いも完璧に…というのはなかなか難しいと思いますが、せめて行儀の悪い言動や悪いクセがある人は、普段から直しておきましょう。

また、愚痴やネガティブな発言が多いと1回目のデートで終了してしまう可能性が高くなります。
1回目のデートはよい印象を残せるように、ポジティブな立ち居振る舞いを意識することが大切です。

1回目のデートの服装・場所・会話と注意すべきポイント

thank you

カジュアルな服装でOK!女性らしいカラーが高評価

1回目のデートとなれば、気合いを入れてバッチリ決めたいと考える女性も多いものです。
とはいえ、あまりに気合いが入りすぎていると相手の男性も身構えてしまうので、肩の力を抜いてリラックスして挑みましょう。

1回目のデートはワンピースのように女性らしさのあるカジュアルな服装がオススメです。
淡いピンク色や白など控えめなカラーを選ぶことで、女性らしく上品な印象を与えられます。

1回目のデートは短時間が鉄則!食事やお茶がオススメ

初対面の人と長時間一緒にいるのは、気疲れしてしまうものです。
ましてや、1回目のデートとなれば緊張もすることでしょう。

1回目のデートは、食事やお茶を楽しむ程度の短時間なものにするのがベストです。
お互いが興味のある場所や食事ができるお店を選べば、会話が弾んで楽しい時間を過ごせるでしょう。

ただし、行列ができるお店など待ち時間が長い場所はできるだけ避けましょう。

会話がはずむネタを意識しよう

1回目のデートで意気投合すれば、次回のデートや交際へと進みやすくなります。
会話のキャッチボールを心がけ、自分だけがしゃべりすぎないことがポイントです。

なかには、無口な人やおしゃべりが苦手という男性もいます。
会話が弾むネタをいくつか考えておくことで、気まずい沈黙を減らせるでしょう。

趣味・休日の過ごし方など、話しやすい内容を質問してみるのも一つの方法です。

好印象間違いなし!知っておきたい1回目のデートのコツ

thank you

1回目のデートでは、話を聞く姿勢や言葉選びに気を配ることで好印象を与えられます。

男性は、話を楽しそうに聞いてくれる女性に対して「自分に興味を持ってくれている」と感じてうれしくなります。
聞き役に徹しながらも、自分の考えをしっかり伝えれば会話も弾んで楽しく過ごせるでしょう。

また、感謝や挨拶がしっかりできるかどうかも大きなポイントです。
食事での「いただきます」「ごちそうさま」や、別れ際の「ありがとう」などを自然と言葉にできる人は男女問わず育ちの良さを感じます。
その場だけではいつかボロが出てしまうので、普段から心がけておくとよいでしょう。

次回のデートの約束ができれば、1回目のデートは成功といえます。
「楽しかったです」「また連絡してもいいですか」のように、次につながる言葉を添えるのも忘れないようにしましょう。

まとめ|2回目のデートにつなげるためには

次のデートにつなげるためには、1回目のデートでの印象をプラスにする必要があります。
また会ってみたいと思ってもらうためには、減点を少なくして加点ポイントを増やすのがコツです。

男性がどんなところをチェックしているのか知っておけば、お気に入りの男性とゴールインできる可能性が一気に高まるでしょう。

会話スキルや立ち居振る舞いは一朝一夕では身につかないので、普段から意識して生活することが大切です。

カフェでデート

婚活は2回目のデートがキモ!2回目のデートが重要な理由と成功のポイント

婚活では初回のデートも重要ですが、最も重要なのは2回目のデートです。初回デートは「清潔感があるか」や…

次に読みたい記事

婚活レコメンド編集部

本記事は婚活レコメンドを運営するつなぐマーケティング株式会社の編集部が企画・執筆を行っています。